双方向ビデオ通話とパーティチャット

全国の女性とスマホひとつで会話できるサービスは数えきれないほどありますが、少しの基礎知識を得るだけで理想のライブチャットサイトやツーショットダイヤルにたどり着く可能性が大きく高まるので、

・二人きりで見せ合いしたいのにできなかった
・女性のエロ配信を皆で楽しみたいのにその機能がなかった

そんな経験があるかたはもちろん、これからチャットサイトを楽しもうというかたはぜひご覧ください。

「二人きりでのツーショットビデオ通話」をビデオ通話コンテンツの基本としているサイトやアプリは、ツーショットダイヤルから発展したサイトが多いのが特徴です。

ツーショットダイヤル全盛期にはウェブサイトやアプリが存在しなかったので、直接ツーショットダイヤルサービスに電話をして会員登録し「女性の声を聴いて気に入った女性を指名(電話呼び出し)して指名通話」していました。

その後ウェブサイトが主流となり「携帯電話用サイトで写真を見て気に入った女性を指名して音声通話する」事が可能になり、携帯電話にテレビ電話の機能がついてからはテレビ電話で「双方向テレビチャット」できるようになりました。

スマートフォンの登場後もしばらくは電話会社のインフラを利用してビデオ通話されていましたが、通話料金がかからない通話専用アプリが開発されてからは、通話料無料アプリでのツーショットビデオ通話が主流になっています。

女性1人に対し同時に多数の男性がチャットするパーティチャットはPC(パソコン)ライブチャットで行われているチャットで、実はライブチャットとはパーティチャットのことを指します。
※イチナナに代表される配信アプリと同じ

女性1対男性多数で行われるパーティチャットは、人気の女性には10人以上の男性が常に接続しているため、男性側が音声会話してしまうと男性の声ばかりになってしまうため、基本的に男性側はテキストチャットとなります。

PCよりもスマホで会員登録する男性が増えてからもツーショット双方向チャットよりパーティチャットが主流で、双方向ビデオ通話専門サービスにはない「覗き」機能がついているので、パーティチャット中の様子を覗き見することができます。

パーティチャットができるライブチャットで気を付けなければならない点として「ツーショットチャットは必ずしも双方向ライブチャットではない」という点です。
双方向ビデオ通話専門サービスのように男性側の映像と音声を送るには、サイトによってはツーショットチャットより高い料金を支払わなければならない場合があることを覚えておいてください。

ライブチャット・ビデオ通話の料金について

双方向ビデオ通話とパーティチャットについて前述しましたが、ユーザーにとっては具体的な料金が最も気になる点かと思いますので、有名なサイトやアプリを例に、各チャットの料金を記載します。

※税別、税込、ポイントレートの違いにより多少の誤差がありますので、詳細は登録後サイト内でご確認ください。

双方向ビデオ通話専門サイト・アプリ

パーティチャットができるサイト・アプリ


  • ビデオ通話・ライブチャット特集
  • ツーショットダイヤル特集
  • テレフォンセックス特集
  • アプリ特集
  • 人妻熟女特集
  • SM・マニア特集
  • 素人娘特集

MENU