督促や債権回収の電話が来た場合の対処

ツーショットダイヤルを利用した後に督促の電話や債権回収の電話が来た場合どのように対処すべきか、また着信拒否すべきパターンについて紹介します。

連絡が来るパターンと着信拒否の是非について

ツーショットダイヤルを利用して業者から連絡が来るパターンは大きく分けて3つあります。

1.広告・宣伝
「無料ポイント1,000円分プレゼント」や「ポイント○倍キャンペーンやります」等の利用者にとって有益と思われて配信される広告です。
業者によってはこの広告を一切しないでほしい旨をカスタマーサービスに連絡する事で停止してくれます。

2.自分で設定した通知
番組内でお気に入りの女性がログインした時に通知が来るよう自分で設定していたり、逆指名プロフィールコーナーに録音して女性からの指名待機していたりした場合は、設定解除や受付可能時間の設定をしなければ連絡が来ます。

3.督促
チャットサイトや番組によっては自動後払いでツケになるサービスや、申請によりツケが効くサービスがあり、その手のサービスを利用した場合は利用料金未納状態になる可能性があります。連絡が来て心当たりがあり、料金に問題がなければ支払う事で利用限度額が上がる事が多いです。

督促が来る理由と対処方法

前述の通り利用料金がマイナス状態の時に督促の連絡が来ます。着信拒否をして踏み倒す事も不可能ではありませんが、二度と番組を利用できなくなるので、どうしても納得いかない場合以外は支払いましょう。
ただし、利用した料金以上に請求された場合はその限りではありません。着信拒否をしましょう。

債権回収の電話が来る理由と対処方法

債権回収を名乗る業者から連絡が来た場合は何も考える必要はありません。
そのような行為は法的に成立しないので、着信拒否をしましょう。